病気に活かすポイント|効果的な夏バテ対策|免疫力を保つことが大事!

効果的な夏バテ対策|免疫力を保つことが大事!

婦人

病気に活かすポイント

粉末

理想的な摂取方法

ミドリムシと日本で呼ばれるユーグレナですが、高い濃度の二酸化炭素でも成長する力を持っています。元気に生育していくため、体内へ取り入れても活動を止めることはありません。しかし苦味などを嫌う人も多いため、工夫しながら摂取するケースが多いです。そんな中でユーグレナは便秘に効果をもたらします。生活習慣などで便秘を引き起こしますが、最も想定されるポイントが水分不足です。水分の8割が小腸、残りが大腸で吸収していきます。水分不足になってしまうと、体外へ排出していこうとする水分を減らしてしまいます。これが便の水分を少なくして、便秘を引き起こします。ここでユーグレナを使って便秘を解消する人が多いです。しかし効果がない時は一工夫として水分補給を多くしましょう。すると便秘の解消へとつなげられます。

がん予防や抑制に活かせる

研究機関の実験で、ユーグレナは光が差している方へ進んでいこうとする習性があります。この習性を活かしてがん細胞をユーグレナの表面へつけると検知しやすくなる結果が出ています。がん細胞の採取ができるため、実験を進めていけば抑制する薬にユーグレナを取り入れるかもしれません。がん治療に活かせる日も期待できますが、これは成分の一つであるパラミロンが役立っています。不要物を排出していく働きを持っていますが、パラロミンはユーグレナ独自の成分です。見つけ出した後が優秀で、その後がん細胞を排出しようとします。他にもベータグルカンががんに効果のある栄養素で、抗菌や抗ウイルス、抗アレルギーなどに役立ちます。医学的にも、徐々にユーグレナの力を感じることができるでしょう。